低血糖が出た時の対応

こんにちは、院長の森 維久郎です。

糖尿病の患者さんで一番注意が必要なのは低血糖です。

重症な低血糖の場合意識を失ったり、致死的になることもあります。

症状

低血糖になると以下のような症状がでます。

  • 発汗
  • 動悸
  • 脈がはやい
  • 手が震える
  • 顔面が白くなる
  • 意識が朦朧とする
  • 異常行動がでる
  • けいれん など

原因

低血糖の原因として、以下のようなものがあります。

・食事が不規則
・くすりの飲み間違え
・激しい運動をしているときや運動後
・飲酒 など

SU剤と呼ばれる糖尿病の薬(グリメピリド、アマリールなど)を使用している方、インスリン注射を使用している方は特に注意が必要です。

治療

低血糖のなった場合は、速やかに糖分を接種して頂く必要があります。

SU剤やインスリン治療をしている患者様は、症状が出たときのために飴などで良いので緊急で糖分を取れるようなものを持参頂くと良いでしょう。

尚、αGI阻害薬と呼ばれる糖の吸収を抑える薬(グルコバイ、ベイスン、セイブル、グルベス配合錠など)を飲んでいる方は、糖分を吸収しても中々吸収されないため、ブドウ糖を持参すると良いです。

低血糖症状が出た時は

低血糖症状が出た時は、薬の調整が必要になる可能性があります。

遠慮なく主治医にご連絡をください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました