高尿酸血症とは

赤羽もり内科・腎臓内科では、「高尿酸血症」の診療を行っております。

当院では以下のようなご相談が多いです。

  • 健康診断で尿酸値が高いと指摘された
  • 痛風になったことがあり、もう繰り返したくない

高尿酸血症とは

高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)とは、血中の尿酸値が7.0mg/dl以上の状態を指し、痛風や動脈硬化・腎障害を引き起こす病気です。

30代以降の男性の30%程度がこの高尿酸血症の状態であると言われており、お問い合わせの多い病気です。

放置すると

高尿酸血症を放置すると、以下のようなことが起きます。

  • 痛風になる。
  • 心臓、腎臓を悪くする。

痛風になる

尿酸値が9.0を越えると、痛風のリスクが上がります。

心臓、腎臓を悪くする

高尿酸血症は動脈硬化の原因になり、高血圧、心筋梗塞、心不全、腎臓病を引き起こしたりする可能性が指摘されています。

原因

高尿酸血症の原因は食事・運動・不規則な生活習慣・ストレスなどが関与しています。

特に食事よりも体内の内臓脂肪や、運動、不規則な生活習慣・ストレスが大きく関わっていると考えられています。

よく尿酸の話をすると、ビールなどを一生懸命控える方もいらっしゃいますが、同時に減量をしたり、生活習慣を整えることの方が大切です。

治療

治療を行うかは値によって変わります。日本の尿酸のガイドラインでは以下のようになっています。当院でもこの基準に準じて、患者さんごとに治療を提案させて頂きます。

尿酸値7.0mg/dl以上

食事・運動・生活習慣の見直しを行います。

尿酸値8.0mg/dl以上

尿酸値が8.0~9.0mg/dlの場合は、患者さんの状況次第で治療方針を検討し以下のような患者さんには投薬を検討します。

  • 腎障害
  • 尿路結石
  • 高血圧
  • 虚血性心疾患
  • 糖尿病
  • メタボリックシンドローム など

尿酸値9.0mg/dl以上

原則、薬の投与を検討します。

痛風の既往がある時

痛風の既往があるときは、再発するリスクが高いため低い沸点が投薬を検討します。

腎臓病がある時

腎障害に関しては、尿酸値を適切にコントロールすることで透析・移植が必要になる末期腎不全への進行を遅らせるのではないかと言われています。

くすりの治療

様々な薬がありますが、尿酸生成抑制薬という尿酸を作る体内のメカニズムを抑制するお薬をよく使用します。

●アロプリノール

  • ザイロリック
  • アデノック
  • アロシトール
  • サロベール
  • リボール など

●フェブキソスタット

  • フェブリク など

細かいメリット・デメリットの差はありますが、当院ではフェブリクを良く使っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました