高血圧と言われたらまず読んでほしい記事

高血圧とは

高血圧とは血圧が高く維持されている状態です。

高血圧は140/90mmHg以上の状態を指しますが、詳しくは重症度で以下のように分類されています。

  • 120/80mmHg以下:正常血圧
  • 120/80mmHg以上~130/80mmHg未満:正常高値血圧
  • 130/80mmHg以上~140/90mmHg未満:高値血圧
  • 140/90mmHg以上:高血圧

高血圧はなぜ大切なのか

血圧が高いこと自体では原則症状は出ません。問題は高血圧の状態で年単位で放置することで心臓や脳の病気が起きてしまうことです。

日本では心筋梗塞・心不全・脳卒中を含めた心臓・脳の病気で死亡する患者さんの一番の原因が「高血圧」と言われています。

この表は2019年の高血圧ガイドラインにも紹介された、7年ほど前に発表された日本での研究結果です。脳・心臓で亡くなる方の原因をランキング形式にしたもので、1位が高血圧、2位が運動不足、3位がタバコ、4位が糖尿病、5位がコレステロールでした。

2019年現在、1位のガンに次いで、2位が心臓の病気、4位が脳の病気が原因で亡くなる人が多い日本において、その原因の1位高血圧を治療することは非常に大切で、将来健康でいるためには血圧をしっかり治療した方が良いです。

にも関わらず、なんと日本でしっかり血圧を治療をしている人は3割程度しかいないと言われています。

また総合健保組合のデーターで血圧180/110mmHg以上で治療が必要と考えられる患者さんで治療をしている人は30%しかいませんでした。

高血圧ガイドライン2019年でも紹介されているデーターでは、日本では4300万人が高血圧と言われており、3100万人で血圧の治療をしていない、もしくは目標値に達していないと言われています。(J Hypertens. 2006 Mar;24(3):459-62.)

上の表は30〜64歳で、血圧120未満の人の死亡率を「1」とすると血圧180以上の人の死亡率は「18」倍にまで増えるという研究結果で、血圧をしっかり下げるメリットがお分かりいただけるかと思います。

検査

高血圧の診断は血圧を測定することなのですが、高血圧には2種類のタイプがあります。

  • 本態性高血圧
  • 二次性高血圧

前者は、生活習慣、環境などが関係する高血圧で日本人の8割程度の高血圧がこちらに属します。

一方で何らかの病気があって、その病気が原因で血圧が上がっている二次性高血圧が隠れていることがあります。

二次性高血圧にはホルモンの病気、睡眠の病気などがあり以下が代表例です。

  • 原発性アルドステロン症
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • クッシング症候群
  • 褐色細胞腫

本態性高血圧なのか、二次性高血圧なのかで今後の治療に大きな変化が出るため最初の診察で必ず確認を行う必要があります。

 

治療

現在の日本では血圧130/80mmHg以下を目指すことになっています。そのために生活習慣、薬物療法などを行います。

高血圧ガイドライン2019では、上の血圧160mmHg以上でない限り、いきなり薬の投与はせず、まずは食事と運動などの生活習慣の見直しからはじめることにしています。

食事

食事に関しては、塩分摂取を控えて頂きます。

6g/日以下の塩分摂取が望ましいです。ただし日本人は塩分摂取が多い国民で平均約10g/日程度とっており、中々6g/日以下にすることは難しいです。

ダシを使ったり、酢を使ったりするようなテクニックをお話させて頂きます。

運動

有酸素運動とレジスタンス運動(簡単な筋肉トレーニングのようなもの)を組み合わせて行うことが望ましいとされています。

私がみている患者さんで元気な方には、ジムやヨガ教室をオススメしており、通っていただいている患者さんも一定数います。

運動の種類は、最近水中歩行、水泳が良いという見解が出てきていますが、特に何でも良いです。散歩でも良いし、ゴルフでも良いし、街歩きでも良いし、中にはボクシングを始めている人もいます。とにかく継続できることが大切です。

生活習慣の是正

ストレスを減らす、タバコを辞める、痩せる、睡眠をしっかりとるなどの施策を行ないます。

くすり

食事と運動をした上で血圧が下がらないようであれば内服薬を使用します。

各薬の特徴は「高血圧と薬」のページでまとめますのでそちらをご参照ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました