糖尿病と視力の低下

 

糖尿病と視力の関係

血糖が高い状態が持続すると、眼の一番奥にある「網膜(もうまく)」と呼ばれる場所の血管に障害が起きて、視力が低下します。

この糖尿病による網膜の障害を「糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)」と呼びます。

糖尿病網膜症は日本で視力障害が起きる原因の第2位であり、糖尿病の方は定期的に眼科で異常がないかの確認をすることが望ましいです。

この記事では、「糖尿病網膜症」について中心に触れますが、糖尿病網膜症以外にも、糖尿病の方は以下のような目の病気になるので注意が必要です。

  • 白内障
  • 緑内障
  • 角膜の炎症・ドライアイ
  • 近視・遠視 など

糖尿病網膜症の症状

糖尿病には主に、3つのステージがあります。

  1. 「単純」糖尿病網膜症
  2. 「前増殖」糖尿病網膜症
  3. 「増殖」糖尿病網膜症

「単純」糖尿病網膜症の段階では、あまり症状がありませんが、「前増殖」糖尿病網膜症になると視野がかすむこともあり、「増殖」糖尿病網膜症になると以下のような症状がでます。

  • 視力低下
  • 飛蚊症(視野にゴミのようなものが飛んでいるようにみえる)
  • 網膜剥離 など

糖尿病網膜症の治療

治療で一番大切なのは、「血糖」のコントロールです。

そして、定期的に眼科でチェックをしてもらい、必要であればレーザー治療などを行う必要があります。

当院では近隣の眼科クリニックと連携して治療を行っているので、遠慮なくご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました