糖尿病の種類

糖尿病の中には、様々な種類の糖尿病があります。

糖尿病を一括りにせずにどのタイプの糖尿病かを調べて、適切に治療を行うのが大切です。

糖尿病の種類

糖尿病は原因と病態から以下の4つに分類することが出来ます。

  • 1型糖尿病
  • 2型糖尿病
  • 妊娠糖尿病
  • その他

日本の糖尿病の9割程度が生活習慣が原因の2型糖尿病です。

1型糖尿病

免疫の異常などが原因で膵臓のβ細胞という細胞が破壊された結果、インスリンがでなくなることで生じる糖尿病です。

10代~20代で発症する方が多いですが、時折中年や高齢で発症する人もいます。

インスリンが出なくなることで起きるので、インスリンを注射で定期的に補う必要があります。

2型糖尿病

生活習慣に問題があり、体内で作られるインスリンの分泌量が低下したり、インスリンが効きづらくなることで起きる糖尿病です。

ただし近年、遺伝なども影響している可能性があると言われています。

インスリンが効きやすくなるように、食事や運動の治療をしたり、内服薬を飲んで治療をします。

食事・運動・内服薬で治療が不十分なときは、インスリンの治療を行います。

妊娠糖尿病

妊娠に伴って生じる糖尿病です。

妊娠が進むとインスリンが効きづらくなることで起きます。

おなかの中の赤ちゃんにも影響を与えるので、健康な方よりも血糖値をしっかり下げる必要があります。

その他

遺伝子異常によるものや、他の疾患が原因で起きる糖尿病を指します。

他の疾患として、

  • 膵臓の病気
  • 内分泌疾患
  • 肝疾患
  • 薬剤
  • 感染症 など

が挙げられます。

●膵臓の病気

膵臓の病気として、

  • 慢性膵炎
  • 膵癌
  • 自己免疫性膵炎 など

は糖尿病の原因となることがあります。

これらが起きる糖尿病の原因はアルコールと胆石が多く、疑う場合は、エコーやCTなどで評価を行います。

また膵臓に病気がある場合はその他の消化酵素に分泌も低下しているため体重が減ったりコレステロールが低くなることがあります。

●内分泌疾患

主に以下の3つの病気が関わることがあります。詳しくはそれぞれのページをご参照ください。

  • 先端巨大症
  • クッシング症候群
  • 原発性アルドステロン症

●薬剤

薬の中で

  • ステロイド
  • インターフェロン
  • 精神科の薬
  • 利尿剤
  • 免疫抑制剤
  • 免疫チェックポイント阻害剤 など

は糖尿病の原因にあることがあります。

糖尿病の種類の調べ方

主に問診・血液検査・尿検査で判断をします。

様々な検査がありますが、血糖値を下げる「インスリン」が出ているかを確認することが一番大切です。

当院では基本的に最初の血液検査・尿検査で調べていることが多いです。振り返ってご確認してください。わからないことがあれば遠慮なくご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました