糖尿病の診断

院長の森 維久郎(もり いくろう)です。

今日は、糖尿病の診断について話をします。

糖尿病の検査

糖尿病の診断は血液検査で以下の項目を調べて行います。

  • HbA1c値(ヘモグロビンエーワンシー)
  • 血糖値

HbA1c

HbA1c値とは、約1-2か月間の血糖の状態を示す値です。

糖尿病の診断として、HbA1c6.5%以上かどうかが鍵になります。

血糖

血糖値とは、その場での血糖の状態を示す値です。

状況ごとの血糖値を確認して診断につなげます。

  • 空腹時なら血糖126mg/dl以上
  • 食事してから2時間後なら血糖200mg/dl以上
  • 食事の時間とは関係なく血糖200mg/dl以上

糖尿病の診断

糖尿病の診断には「HbA1c値」と「血糖」の結果を使用します。

糖尿病ガイドラインのフローチャートを載せましたので細かく知りたい方はご参照ください。

「HbA1c」と「血糖値」がともに異常

糖尿病の診断となります。

「HbA1c」のみが異常

血糖値を再検査して、以下の状態があれば糖尿病の診断となります。

  • 空腹時なら血糖126mg/dl以上
  • 食事してから2時間後なら血糖200mg/dl以上
  • 食事の時間とは関係なく血糖200mg/dl以上

「血糖値」のみ異常

以下のいずれかを満たす場合は、糖尿病の診断になります。

  • 眼の網膜という箇所に異常がある
  • 口渇・多飲・多尿・体重減少などの明らかな糖尿病の症状がある

満たさない場合は再検査になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました